Перейти к содержанию

いまさらですが日比谷の東京宝塚劇場で観ました。
フランス貴族の家に生まれながらもパイロットとして、そして星の王子さまを書いた作家として知られるサンテグジュペリの人生を描いた作品です。

命知らずの郵便輸送のパイロットとしての男らしさ、中米マヤ族の血を引く美女コンスエロに出会った瞬間に愛を告白する情熱的な一面、そして大人になっても子供の心を忘れない純真さ、そんなサンテグジュペリの人間としての魅力が描かれています。

第2次世界大戦中、フランス軍のパイロットとして出撃しますが、地中海上空でドイツ軍の戦闘機に撃墜され、44歳の生涯を終えます。
そしてサンテグジュペリの純真な心は小さな星となって夜空に輝いています。

蘭乃はなのスのうまさは娘役トップの中では一番と思います。
ストーリーは少し地味な内容でしたが、蘭寿とむの歌のうまさと、お芝居の中でも何度もデュエットスがありみごたえのある作品でした。
CONGAはラテンの世界をテーマにした情熱的なショーでした。

藤井先生の作品らしく華やかでエネルギッシュです。
そして蘭乃はなのスの上手さと美しさに感動しました。
今回のスイーツはランランジュペリでした。